遺産相続はプロの方にお任せするのが一番良いでしょう

遺産相続とは

遺産相続とは、亡くなった人の遺産をその配偶者、あるいは子供や孫が受け継ぐことをいいます。

遺産は不動産や貯蓄、美術品、宝石類等のほかに、銀行へのローン返済やその他の借金などもすべて含まれます。


亡くなった方を被相続人、遺産を受け取る方を相続人といい、相続は被相続人が亡くなると同時に開始され、相続人が被相続人が亡くなったことを知らない場合でも同様に開始されます。

相続人が複数の場合、遺産は相続人全員の共有となるため、一人が勝手に処分したりすることはできません。


この場合、遺産を分割することになりますが、相続人全員の話し合いによって決定します。

この話し合いを、遺産分割協議といいます。

遺産相続の話し合いをする際、まず確認しておく必要があるのが遺言書の有無です。

遺言書が存在し、それに遺産の分割が記載されていた場合、通常の民法の規定より優先されることとなります。


面倒なお手続きは、遺産相続プロフェッショナルにお任せ下さい。


遺言書の記載に不服な場合は、相続人による不服申し立てをすることが出来ます。

つまりすべての相続人に対し、最低限の相続分は保障されているということです。

遺言書が残されていない場合は民法で定められた割合で相続することとなります。


相続の際、借金を含むすべての遺産をまとめた財産目録が必要になります。

相続人はこの財産目録を確認した後、遺産を相続する方法を選ぶことが出来ます。


遺産相続の方法は、借金を含むすべての遺産を相続する単純承認。条件付で相続する限定承認。また、相続権を放棄して遺産を受け取らない相続放棄の三つです。


もしも遺産分割協議で話し合いがまとまらない場合は、家庭裁判所による遺産分割調停や審判で解決することになります。

サイトメニュー

お役立ちサイト